グループステージに参加する全32クラブの今夏の補強支出の合計を算出した

なんと、その額は24億2760万ユーロ(約3175億円)

 

補強支出額ランキングのトップは、パリ・サンジェルマン

ネイマールやムバペといったビッグディールを成立させ、総額4億1800万ユーロ(約547億円)を費やしたパリ・サンジェルマン(PSG)が君臨。

 

マンチェスター・C、バルセロナ、チェルシーの3クラブがそれに続き、この上位4クラブだけで、全体の合計金額の46パーセントにあたる11億1680万ユーロ(約1461億円)を費やしていた

 

昨シーズンのCL王者であるレアル・マドリードは4250万ユーロ(約56億円)にとどまり、32クラブ中16位。

 

国別で見ると、マンチェスター・C、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、マンチェスター・Uが参加するイングランドが、5クラブ合計8億680万ユーロ(約1055億円)でトップ。

2位には、PSGとモナコの2クラブが参加するフランスが、5億2000万ユーロ(約680億円)でランクイン

3位は、4シーズン連続で優勝クラブを輩出しているスペインは、レアル・マドリード、バルセロナ、アトレティコ・マドリード、セビージャの参加4クラブの合計が3億7680万ユーロ(約493億円)となっている